オーダー制作 ミネルバボックスのトート【前編】

こんばんは。

 

 

 

今日は一気に夏がやってきたような

 

暖かい??を通り越して暑い一日になりました。

 

まだ4月なのに、、、、

 

今からこの暑さ、、ちょっと夏が怖いです。。

 

 

 

ゴールデンウィーク前なだけに

 

体調管理、気をつけないと。。。。

 

 

 

 

さて、本日ご紹介するオーダー作品ですが

 

ご覧いただきたい写真がたくさんありすぎて、、、

 

『前編』『後編』の2回に分けて

 

ご紹介させていただきます(笑)

 

 

 

 

 

なぜ2回に分けるのかというと、、、

 

実はいつも制作している帆布の鞄ではなく

 

オール革の鞄を今回は制作しています。

 

 

いつも以上に気合いも入り、ぜひ皆様にも見ていただきたくて。。。。2回に分けました(^^)

 

 

 

まず今回『前編』は制作風景のご紹介です。

 

お時間のある方はぜひ、ゆっくりご覧いただけると嬉しいです。

 

 

 

使用している革はイタリアンレザーの『ミネルバボックス』

 

とても上質なタンニン鞣しの牛革です。

 

本体部分:パープル

持ち手:グリージオグレー

 

この組み合わせがとても素敵で

 

オーダーいただけた時から、ワクワクがとまりません。

 

 

 

 

さらにテンションが上がるポイントが、内装生地のヤマブキ色です!

 

 

とてもセンスの良いお色を選んでいただき本当に感謝です!

 

制作する私のテンションもすごく高まりました。

 

 

 

 

型紙を元に、生地を裁断し

 

革は縫製する部分を薄く漉いていきます。

 

 

この黒い機械が革漉き機です。

 

 

 

 

実際に漉くと、このように革の周りの厚みが薄くなります。

 

 

 

 

 

少し近づいてみます。。

 

薄くなっている様子、伝わるでしょうか。。

 

 

 

 

 

続いて、持ち手を作成していきます。

 

 

ミネルババックスは、革自体が柔らかいため

 

使い続けるうちに、持ち手が伸びてしまわないように

 

持ち手の革の裏面に芯材(白)を貼り付けます。

 

 

 

 

下準備が出来たら、ミシンで縫っていきます。

 

 

 

 

さらに、持ち手部分に革を巻きます。

 

(写真左にある革を巻きます。)

 

 

 

 

 

巻き終えた写真です。

 

 

 

いよいよ鞄本体に持ち手を取り付けていきます。

 

 

 

慎重に、、、慎重に、、、

 

革は一度穴が開いてしまうと修正できないため、集中しながら縫っていきます。

 

 

 

鞄本体を縫い合わせ、、だいぶ形になってきました。

 

 

 

 

 

 

まだ裏返していないのですが、

 

鞄本体の縫製が完成~~!

 

 

 

 

さらに、底鋲を付けていきます。

 

 

 

底鋲は、底板(白い板)の上からしっかりと取り付けます。

 

 

こんな感じで5カ所付いています。

 

 

 

 

持ち手部分もこのように仕上がっています。

 

 

本体の完成です!

 

 

 

 

続いて、内装を作っていきます。

 

まずは内ポケットを作ります。

 

 

生地専用の糊を薄く塗り、まずはポケットの形に折って仕上げます。

 

 

内装生地の本体にポケットを縫い付けます。

 

 

 

ミシンで縫って、内装も完成です!

 

 

 

鞄が形になってくると、ワクワクする気持ちもさらに高くなり、、

 

やっぱり革の鞄も素敵だなぁ~と改めて実感しました。

 

 

 

 

素敵なオーダーをいただけたことに心から感謝致します。

 

 

 

 

今回は制作風景をメインにご紹介させていただきました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

 

いよいよ次回『後編』は、完成した鞄の紹介をさせていただきますので

 

皆様、お楽しみに~~

 

 

________________

 

こちらのサイトで作品を販売中です。

宜しければご覧下さいませ。

 

□THREE PACKS 商品販売ページ

https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

________________