オーダー制作 ファスナー付き内ポケット

こんにちは。

 

今日はとても天気が良く、10分外に出ているだけで

ジリジリ日差しが痛いです。。

 

 

家の中に居ても、やっぱり暑い。。本当に暑いです。。

 

ついつい冷たい飲み物をがぶ飲みしてしまいます(笑)

お腹壊さないようにしないとな。。。

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日ご紹介するトートバッグは、こちらです。

 

『ん??』一見通常のトートバッグと何も変わらないような、、、そんな気がした皆様。。

 

 

そうなんです。

 

今回、鞄のサイズや持ち手の長さは変更していません。

 

一見、どこを変更しているか分からない今回のトートバッグ

 

 

 

 

1つ目の変更箇所は、鞄の下辺りをよ~くご覧ください、、、、分かりますでしょうか。

 

 

 

 

 

こんな感じで、底鋲が付いています。

 

「椅子に反射しているから分かった~」という声が聞こえてきそうです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

横から見ても、いつものサイズです。

 

ちなみにいつもの鞄のサイズはこちらです。

 

本体サイズ:縦25cm × 横25cm × 奥行き15cm

持ち手:26cm

 

 

 

 

 

 

 

2つ目の変更箇所はファスナー付き内ポケット

 

こんな感じで付いています。

こちらの内ポケットサイズは縦15cm、横25cm、マチ1cmになります。

 

 

 

 

ここからは、制作風景をご紹介

 

 

 

鞄の内装を制作していきます。

 

コットンツイルに厚さ5mmのクッション材を張り付けます。

白い部分が、柔らかいクッション材になります。

 

 

こちらは通常付いている内ポケットです。

 

 

 

反対側に、今回オーダーをいただいたファスナー付き内ポケットを付けていきます。

 

 

 

それぞれのパーツを組み合わせ、縫製していきます。

 

 

 

糸の処理も念入りに行います。ホツれ防止のため、糸の端を接着します。

また、鞄の形状が崩れないよう真ん中に芯材テープを貼り付け強度を上げています。

 

 

 

続いて、底鋲を付けていきます。

 

底鋲の間に挟む革パーツを制作します。

 

 

 

こんな感じで、抜いていきます。

 

 

このままだと、革の端面がギザギザのままになってしまうので

 

コバ塗りを行っていきます。

 

革の端面を磨き、プライマー(下地)を塗り、乾かします。

 

 

 

 

そして、塗料を塗りさらにコーティング剤を塗り、乾かすとこんな感じになります。

 

とても細かい部分ですが、こういったところを丁寧に仕上げることで

鞄の仕上がりも変わってきます。

 

 

 

 

鞄に取り付け

 

 

底板に鋲を打ち付けていきます。

 

 

こんな感じで底鋲を取り付けています。

 

 

 

最後に、内装と外装を組み合わせ完成させていきます。

 

 

 

 

底鋲を付けることで、汚れにくく

また、ファスナー付きの内ポケットが付くことで収納力も上がるので

より使いやすいトートバッグが出来上がりました。

 

 

素敵なオーダーをいただき、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

現在Creemaで販売しているTHREE PACKSの商品ページはこちらです。

興味を持っていただいた方は、ぜひこちらも合わせてご覧ください。

 

□THREE PACKS 商品販売ページ

https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale