リュック、完成しました!

こんばんは。

 

先月から少しずつ、、少しずつ、、試行錯誤しながら制作してきたリュックが

ようやく、完成しました。。

 

 

 

 

背負うと、こんな感じになります。

 

 

 

 

ファスナーの引き手部分や、ベルト部分には

丁寧にコバ塗りを施したイタリアンレザーを使用しています。

 

 

鞄の中は、マチ付きポケットとさらに小さなポケット2つが付いています。

 

 

鞄本体とベルトの取り付けは

縫製とリベット留めの両方を行い強度を上げています。

 

今回リュックが完成したときの感動と達成感は

いつも以上に大きかったです(笑)

 

帆布と革を使用しているので、カジュアルになりすぎず

上品な大人のリュックに仕上がりました。

 

 

 

 

せっかくなので

ここからは、じっくり見たり触ってみないと気付くことができない

こだわりポイントをご紹介します。

 

 

これは鞄の外装生地を裁断したところの写真です。

(写真左:背面の生地 写真右:正面の生地 写真下:底面の生地)

 

実は、左の背面生地の下にはもう一枚。。

白い色の心材が入っています。

 

 

あまり固い心材ではないのですが、鞄の形状が崩れないよう

外装生地と内装生地の間に挟んでいます。

 

 

続いて、縫製にもこだわりました。。

外装は、ヘリ返しで仕上げ、、

 

内装はヘリ巻で仕上げています。

 

 

写真の左側:鞄の表面

写真の右側:鞄の背面(ポケットもこんな感じでついています。)

この2つをこれから合体させていきます。

 

 

慎重に、、、慎重に、、、、ヘリ巻を綺麗にするため、、

ゆっくりミシンを動かします。

 

ここが一番緊張しました。。

 

 

 

そして、最後のこだわりポイント!!

それはベルト部分にあります。

 

今回茶色の革(写真上)が表に、ヌメ革(写真下)が裏にくるよう

2枚の革を貼付けて制作しています。

 

 

少し分かりにくいかもしれませんが、、、

革の端面が、2色(茶・ヌメ)になっています。

 

どうして、そんな手間のかかることをするの??

と不思議に思われる方も多いと思います。。

 

それは、、、、

裏側に濃い色の革がきてしまうと

着ている洋服に、革が擦れて色がついてしまう可能性があるからです。

 

なので、今回ヌメ革を張り合わせ、制作していきました。

 

 

 

 

 

張り合わせの後、コバ塗りを行ったので

完成品を見ただけでは気付きにくい部分ですが

こんなところにも、こだわって制作しています。

 

 

少し、説明も長く力説してしまいましたが、、、(笑)

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

もし、このリュックに興味をもっていただきましたら

こちらのブログも合わせて読んでいただけると嬉しいです。

デザインスケッチから、制作風景を紹介しています。

『只今 リュック制作中』

『只今 リュック制作中 その2』

 

 

 

 

告知になります。。

23日よりクリーマの特集に掲載していただきました。

———————————————————
特集名「気軽に身軽に。秋のバッグ」
https://www.creema.jp/feature/337
(公開期間予定:9/23~約1週間)
———————————————————

掲載商品

10号帆布のミニトートバッグ 生成り色

 

ぜひ、こちらも合わせてご覧ください。