ショルダーバッグの制作風景 その2

いよいよ今日から3月です。
『 もうすぐ 春ですね~♪ 』と
ついつい朝から口ずさんでしまいます(笑)
前回に続き、今回もショルダーバッグの制作風景をご紹介したいと思います。
↓こちらの写真が、鞄の外側(左)と内側(右)です。これから、この2つを合体させ完成させていきます。

まずは、合体させる前に
鞄の底面に分厚いクッション材を貼付けていきます。
そこで登場するのが、この変な形をした木です。
治具(ジグ)と言って、色々な作業をするときに使う
鞄を固定するための道具です。
ちなみに、このジグは自分たちで作りました(^^)

ここに、鞄の内側をかぶせ
底面にクッション材(黒)を貼付けていきます。
ジグを使うことで、底面が水平になり
綺麗にしっかりと貼付けられます。


そして、鞄の外側と内側を合わせていきます。
ここは、ズレないよう丁寧に手で合わせていきます。

こんな感じで、鞄を合体させます。

いよいよミシンで縫います。。

ズレなように、ゆっくり慎重に、、、、
どれだけ鞄を作ってきても、毎回、このときは緊張します、笑

そして、縫い終わったら糸を切ります。
ん、、、はさみで切らないの??とついつい思ってしまうのですが、、
このハンダゴテを使って、熱で糸を切ります。

糸がホツレてくることを防ぐため、
このようにして、切っています。

鞄の縫製が終わり、次に留め具をつけます。

しっかりと、ネジをしめるように固定していきます。

そして、ようやく完成です。

今回は、鞄のサイズを通常販売しているモノより
少し大きく制作しています。
サイズの比較をするため並べてみましたが。。。
数センチの違いなので、
もしかすると、伝わりにくいかもしれません、、、、涙
※通常の鞄は右(カーキ)です。

底面から見ると、まだ伝わりやすいでしょうか、、

ちなみに、内ポケットも、マチ付きになっています。

前回と今回、2回に分け鞄の制作風景をご紹介してきましたが
いかがでしたでしょうか。
こんな風に作っているんだなと、少しでも伝われば嬉しいです。
制作した鞄は、クリーマにて販売中です。
興味のある方は、ぜひこちらも一緒にご覧ください。
□THREE PACKS のクリーマ販売ページ
http://www.creema.jp/c/threepacks/selling